COVOでお客様からよく頂くご質問をまとめました。


悩みや不安のある方に少しでもお役に立てればと思います。
更に詳しいお話はお気軽に当サロンまでお問い合わせ下さい。

カラーについて

グロスカラーって何ですか?
簡単に言うとカラー剤にジュエルグロス成分を入れて薄く髪の表面に皮膜を作るカラーです。
皮膜を作ると艶や手触りがアップします。このカラーだけだと表面の皮膜で内部のトリートメントではないので合わせて内部反応型トリートメントを行うと完璧です。
カラーをすると傷みますか?
明るくするカラーの場合は、その分のダメージがあります。
色調を変えたり、暗くするような色を入れるカラーはほとんど傷ませずにすることも可能です。
むしろカラーをして時間がたち元の色より明るくなりすぎている場合は色を入れた方がダメージ修復になります。
COVOではカラー剤を高品質なものを使い、ジュエルグロス・ケラチン・コラーゲン・CMCなどでダメージを最小限に抑える努力をしています。
なぜ傷むのですか?
髪を明るくするためには、髪のメラニン色素を抜くのですがその時に髪のキューティクルやケラチン、CMCに影響をあたえ、ダメージにつながります。
カラーと同時に内部反応型トリートメントをするとその部分を補修しながら明るく出来るため、是非おすすめします。
何ヶ月おきにカラーすれば?
平均1.5ヶ月~2.5ヶ月の方が多いですが、ご自身で根元が気になる時がやり時です。
時間がたち、毛先が明るくなって黄色味が出てきた時等は全体のカラーをおすすめします。
頭皮が荒れているのですが、カラーして大丈夫ですか?
基本的にはおすすめしませんが、頭皮ギリギリからカラー剤をつける技術もありますので、ご相談下さい。
パーマとカラーを同じ日にしても大丈夫ですか?
カラーが根元のリタッチ+パーマだと大丈夫です。
全体のカラー+パーマの場合は、先にパーマをかけて、一週間後にカラーが理想的です。
ダメージの問題もありますが、同じ日に先にパーマをかけて、上からカラーをすると、パーマがだれやすく、先にカラーだと色持ちが悪くなるため、一週間ほどあけた方が良いでしょう。
カラーがすぐに落ちてしまったのですが…
ご遠慮なくご相談下さい。
二度足で大変申し訳ないのですがしっかりと対応させて頂きます。